手洗器水栓取替(自閉式→ハンドル式)

投稿日: コメントするカテゴリー: ★水まわりなんでも!★

先日、とあるお宅より、手洗器のところから水漏れしているとの連絡をいただき伺って参りました!

どこから漏れているか確認…。

給水、排水を確認しますが、、

うーん、漏れてない ^^;

お客さんに確認してもらってたところ、ほんとやね…ということだったんですが、

「ハンドル式のタイプに取替ってできるの?」

と聞かれ、取替はできるが特に現在悪くなってる訳でもないので…と説明しましたが、替えてほしい!とのことで、取替することになりました。

水を止めて、接続箇所を外し、手洗器を取り外します。

そして新しい部品に取り替え、手洗器を取り付け、給排水を接続しなおして完成 ^^

あと、ウォシュレットの取替もさせていただきました。

こちらは素直に取替ができました。

あえて言うなら、よくあるこの色。パステルピンクが、注文色でなかなか入ってこない…ということでしょうか ^^;

また、今のカタログから2色、注文色でさえなくなった色も出てきました。

ツートンが大丈夫なら良いんですが…。

今回の手洗器の件のように、修理の依頼内容から、違う方向に話がいって提案をさせていただくことがしょっちゅうあります。

案外水まわりっ奥が深いんですよ ^^

キッチン流し台排水トラップ水漏れ修繕

投稿日: コメントするカテゴリー: ★水まわりなんでも!★

先日、とあるお宅より、流し台の中で水が漏れてるの直して!と修繕のご依頼があり、駆けつけてきました!

見てみると…。

シンクと排水トラップの継ぎ目から、微妙に漏れています。

早速修理にかかります。

トラップを外して…。

継ぎ目の部分をキレイにします。

トラップ本体や全体を掃除して、組み付け。

修繕完了しました!

トラップに接続してある排水ホースも劣化していたので、お客さんに確認し取り替えさせていただきました。

心配事がひとつ解決し、喜んでいただけました ^^

手洗器自閉水栓取替

投稿日: コメントするカテゴリー: ★水まわりなんでも!★

とあるお宅にて、埋込手洗器の自閉水栓から水が漏れてるとのご連絡が。

見て参りました!

行ってみて色々調べてみましたが、漏れがみつかりません ^^;

するとお客さんより、それもそうだけど、プッシュ式ではなくてハンドル式にはならないのかとのお話しが。

プッシュタイプの方が高いタイプですが…とも話させていただきましたが、取り替えたいとのご要望で取り替えることとなりました。

手洗器本体を外し…。

ハンドル部等一式部材を取り替え、もう一度壁に手洗器を取り付け、排水を接続しなおして完成!

ご満足いただけて良かったです ^^

色々な対応の仕方がありますが、お客さんの気持ち良さが第一ですからね!

消雪配管漏水修繕

投稿日: コメントするカテゴリー: ★水まわりなんでも!★

先日、消雪の管から水が漏れていると連絡があり行って参りました。

一見普通の消雪…

んっ!

んんっ!!

アスファルトの隙間からたいへんな量の水が湧き出ています(>_<)

で、こんなことになってます…。

水の力ってすごいですね ^^;

直しにかかります。

大きな用水路を下越ししてる場所。

継ぎ手もあるし、やはりこの下が怪しい…ってことで、掘ります。

まずは掘って見てみるしかないですね。

このまだ下の方から水が出てきていました。

なんと、継ぎ手が欠け落ちています…。

こういうこともあるんですね…。

このあと、しっかりと漏水箇所を修繕し、埋め戻しました。

たったあれだけの穴…と思うなかれ!大変な量の水が吹き出すんです!

お家の水まわりも古くなってくると漏水の危険が高まってきます。

配管にも気を使ってあげて下さいね ^^

キッチンシングルレバー混合栓カートリッジ取替

投稿日: コメントするカテゴリー: ★水まわりなんでも!★

先日、とあるお宅でシングルレバー混合栓本体より水漏れがするということで、伺って参りました!

カートリッジ部のどこかから漏れているようです。取替えれば直ります。

ということで、部品を用意して作業…。

水栓上部を外していき、取り替え…と、スムーズにいくはずでしたが、外れない…。

写真は外した状態ですが、ここまでくるのに結構な苦労がありました (>_<)

そしてカートリッジを無事取替え終わり、修理完了となりました ^^

洗面化粧台漏水修理

投稿日: コメントするカテゴリー: ★水まわりなんでも!★

先日、洗面化粧台から水が大量に漏れてきてる!と緊急の電話がありました。

とりあえずメーター器のところの止水栓で止めてもらってダッシュで向かいました!

洗面化粧台の中だけでなく、床にもかなり漏れ出してて、大変だったようです…(>_<)

どこから漏れ出したのか確認します。

とりあえず画像の2つの止水栓を閉めて、メーター器のところの止水栓を一瞬開けてみます。

水・お湯どちらも止水栓で止まっています。

ということは、止水栓以降で漏れているということ。

結果、お湯側、水栓の下の接続部から漏れていました。

きっちり修繕!

単に水漏れといっても、漏れている場所を探すのが第一なんですが、更にはどのように漏れてるのかもしっかり調査することで、うまい対応ができるものです ^^