汚水マス根っこつまり修繕

投稿日:

トイレ系統の排水のことを汚水と言いまして、トイレがつまってる…汚水が流れにくい…などの際、点検するための桝(マス)が、一戸建てのお宅だと、主に外部に埋まっています。

今回は、そのトイレがつまってる…の症状で、修繕させていただいた現場です。

小口径マスなんですが、継ぎ目の密閉が難しいタイプのマスで、栄養を求める木の根っこは、ほんの少しの隙間からでも入り込んで来ちゃうんですよね…。

根っこを取り出してみると…。

こんな大変なことに…。

根っこを引っこ抜いただけでは、またすぐに伸びてきてしまうので、根っこが入らないマスに取り替えます。

コンクリートを割って…。

マスを取り替え、復旧しました。

これで、今後つまりに関しては安心です ^^

量水器(大型)取替

投稿日:

こちらは公道から宅地の中に水道の管が入っていってる、まず一番先に宅地内に設置してある水道の器材である、量水器(メーター器)です。

この写真のは、75mmということでかなり大型のものですねー。

普通のご家庭だと、13mmや20mmのモノがついています。

多くのお宅だと、地表面に見える形で、青色のフタに量水器という表示の書いてあるボックスが地面の中に設置されていますねー。

では取り替えます。

取り替え完了後の写真です。

量水器は、8年に1度、全てのお宅の量水器が取り替えっていう決まりになっているんです。

あと余談ですが、取替前の1枚目の写真ですが、よーく見ると量水器本体のフタのところにトノサマガエルがくっついていまして、気付かなくて作業しようとしたら、ピョーンと跳び跳ねるもんだから、めちゃくちゃビビりました ^^;

そして、地上へと逃してあげました ^^

水管橋配水管漏水修理

投稿日:

こちらは、川にかかっている橋の横に通っている配水管の水漏れ現場です。

水管橋というと、水を通す管自体が、川などを越える橋なんですが、今回の車などが通る橋自体にくっついてる管も水管橋と言ってしまいます ^^;

漏れてるってことで修理です。

保温カバーを外したあとの写真ですが、ピンホールで穴が空いていて、ご覧のように水漏れが (>_<)

補修クランプを用いて修繕完了しました!

このあと保温も施して全ての工事が完了しました ^^

…が、しかし、実はこの水管橋で、他にも何箇所か漏れているところが見つかり、直すことになるのでした…。

福野小学校クラブ活動

投稿日:

本年度は、福野小学校のクラブ活動にお邪魔させていただいております ^^

その名も「キッザニアクラブ」!

小学校4、5、6年生を対象に、現在で計4回、水まわりのお仕事の紹介や、体験などをさせていただいております。

子どもたちと和気あいあいと…。

これは、配管パイプで〇〇スタンド作りをやろうとしているところです。

どの配管の材料を使おうか、みんな選んでいます。

配管で使うパイプを、実際に子どもたちに切ってもらって、オリジナルのスタンドを組み立てていきます。

この回の時は、うちの会社の従業員にお手伝いいただきました ^^

この回では、ひとりひとりに水道の蛇口を取り替えてもらったり、配管をねじ込んだりして、実際に水がちゃんと出るのか、漏れないのか、身を持って体験してもらいました ^^

水まわりの仲間の業者の方と一緒に今回はさせていただきました ^^

みんな楽しく、水まわりの仕事に触れてもらえて、ほんといい時間になりました!