浴室シャワー混合栓シャワーヘッド水漏れ修繕

投稿日:

皆さん、シャワーヘッドの付け根から水漏れしてたりしませんか?

そこ限定でいうのもおかしいですが、浴室の中で、しかも水を出した時に水漏れする箇所がある場合って、漏れてるけどどこか濡れるわけでもないし、水自体も使用しない時は止まってるので、もったいなくないし…

まあ、いいやっ

て、気にはなってるけど、そのまま放置って方もいらっしゃるのではないでしょうか ^^;

このつなぎ目のところは、ヘッドがくるくると回るようになってて、ホースにねじれがおこらないようになっています。

取り替えたパッキンがこちら。

Uパッキンは劣化でちぎれ、Oリングもスリムになってました (>_<)

パッキンを取り替え、修繕完了となりました ^^

パッキン類はどうしてもヘタってきますので、取り替え修繕はいつかやってきます。

パッキンというコストがかからない部品だけを取り替えて直るってのは、ほんと助かりますよね!

水まわりリフォーム

投稿日: コメントをどうぞ

水まわりのリフォームをさせていただきました現場の写真です。

こちらはトイレ兼洗面室ですね。

隅っこのスペースには、大きめの電気温水器を設置。

この洗面化粧台と、キッチンの流し台にも電気温水器より給湯がつながっています。

 

洗面化粧台横のこのスペースにうまく電気温水器を入れたくて、図面を書いて試行錯誤しましたが、うまく納まりました ^^

配管を床から出してますが、その位置も床を貼る前に決めなきゃいけないので、先に床上状況のイメージが大切ですねー。

埋込バス水栓止水不良修繕

投稿日: コメントをどうぞ

浴槽の水が止まらない…。

とのご連絡が入り、伺って参りました。

胴体部分が埋め込まれているタイプですね。

お話の中で、せっかくなので水側もお湯側も取り替えることになりました。

バラしたところです。

新しいコマパッキンに取り替え、再組み立てをして修繕完了となりました!

 

埋め込みタイプは、埋め込まれている部分がタイルの中など、簡単に本体部分をさわれないことが多いです。

ですので、簡単な修理の予定が、本体取替となる場合もあり、かなり高くついてしまう場合もあり、少し修理も躊躇しますね…。

 

いつも今回のようにスムーズに修繕できることを祈ってます ^^;

洗面台排水管修繕

投稿日: コメントをどうぞ

カウンター型の洗面台の下部を覗いてますが、排水トラップのところから、水滴が垂れてます (>_<)

長年使用されてきているので、管自体がもろくなってましてね…。

既設管を外していって、取り替えにかかります。

取り外しはできましたが、ナットがゆるまずに、写真のように管ごとねじれて、分断されちゃいました ^^;

新しい排水部品を取り付け、修繕完了です!

 

排水の水漏れは、洗面化粧台や、キッチンなどでもおこります。

漏れた水が目に見える形で出てこないと、気付くことができません。

たまには見ていただければと思いますが、難しかったりもしますね ^^;

 

排水管が見える場合は、モノの詰め込みすぎに注意です。

知らぬ間に奥へ奥へと押されて、排水管に無理がかかってる場合ありますから…。

排水管つまり修繕

投稿日: コメントをどうぞ

水まわりというと、給水(給湯も含む)と、排水に大きくわけられるのかなと思います。

そして、排水のトラブルといえば、「漏れ」と「つまり」がほとんどですね…。

 

これは外の雨ドイのつまりを修理しているところです。

 

こちらは使用していない排水管があり、隣りの部屋にある手洗所の排水のつまりを修理しているところ。

 

これらのケースでは、ワイヤーを使用してつまりを解消しました ^^

 

他にもトイレやキッチンのつまり、地面の下に埋まっている下水管のつまりなど、つまりの状況や管のサイズによって、使う道具が変わってきます。

見えている管をバラしたり、もっと大きなワイヤーや、ジェット洗浄、バキュームなど使用することも…。

 

そもそもの排水管自体が悪くなってる場合などは、配管のやり変えなんかもあったりしますが、まあ何にせよしっかりとした判断と施工までできるかとうかが重要ですね ^^

地元の信頼できる業者さんを捕まえておくのが、何よりの安心なのかなぁと思います!

電気温水器取替

投稿日: コメントをどうぞ

こちらは電気温水器を取り替えさせていただいた現場です。

お湯が沸かなくなったということですが、かなり古いモノでしたので取り替えとなりました。

昔からある、円筒タイプの深夜電力でお湯を沸かす温水器です。

狭い場所に設置されていてなかなか大変ですが、電気温水器を撤去して…。

新しい電気温水器を設置。

そして配管、配線等もつなぎ直して…。

完成となりました ^^

 

壊れるタイミングはわかんないですが、あまりお湯を使わない時期がいいですよね。

大晦日やお正月に壊れるのが、使用者、業者ともに一番最悪ですね…。

寒いし、モノはないし… (>_<)

洋風便器取替

投稿日: コメントをどうぞ

こちらは洋風便器を取り替えさせていただいた現場です。

もともとはこんな感じでついてましたが、色々と不具合が…。

結構古かったので、例の如く部品がない…。

ということで、取り替えさせていただくことになりました。

便器を取り外し…。

取り付けの段取りをします。

…っと、壁や床がキレイになってますよね!

実は、施主さんがDIYで壁の色塗り、そして床のクッションフロアを貼られたんです!

洋便等々を取り付けた状態ですが、以前とは見違えるほどの変わりよう ^^

いやー、やればできる!!ですね ^^

雪かき3連休…。

投稿日: コメントをどうぞ

連日北陸地方の大雪が…ということでニュースも流れていますが、富山県も大変なことになってます (>_<)

私の住んでいる南砺市は、もともと雪はそれなりに積もる地域です(山間部では1m以上毎年積もってます)。

うちは平野部ですし、道路には消雪装置がついてもいますので、2、30cmくらいなら全然大丈夫なんですが、今回のは3日の間に1m超えなので、全く追いつかず…。

とある駐車ですが、ずーっと水を出してはいるけどこんな感じ…。

ふかふかでおいしそうな感じではありますが ^^;

主要道の交差点でさえ、片側通行になってます…。

この消雪装置は、あくまで地下水が地表面を流れて、それなりに雪を融かすだけなんですよね。

道路や駐車場の勾配もきれーいに水が行き渡るようになってるってことはないですし、車が通らないと雪も水が混ぜ合わされないので溶けていかないんですよね (>_<)

また、道も圧雪によってガタガタになってるところも多く、もし止まって動けなくなったら…と思うと不安にもなります。

鉄のスコップは車に入れておきましょう。

屋根雪降ろしもしています。

雪も水分を含むと重くなりますから心配ですよね…。

今週は雪も収まるようですが、油断はなりません。

雪と言い、コロナと言い、ほんとなんなんでしょうね (>_<)

消雪管漏水修理

投稿日: コメントをどうぞ

今年は去年とは打って変わって、雪がかなり降り積もる年となっています。

山にはたくさん降ってもらって、平野部には適度に降ってもらうのが良いのですが、どこも多いですね…。

道路も消雪が効いてはいるものの、雪がかなり残ってしまっています。

しばらくは雪掻きしなきゃならん日が続きそうですね (>_<)

消雪シリーズでもうひとつ…。

とある施設内の埋設消雪管ですが、モクモクとコンクリートの切れ目から水が湧いていて、管を出した状態がこちら。

過去に補修した場所なんでしょうが…。

管を切断し、新しく管を接続し直し、あとはコンクリートを打ち直して修繕完了です。

切り取った管を確認すると、穴が空いてますね…。

管が腐食してこうなってしまうんですが、埋まっている管ほとんどがこの状態でしょうから、もう寿命ですね (>_<)

あけましておめでとうございます

投稿日: コメントをどうぞ

旧年中は大変お世話になりました。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

今年は雪が多い年になりそうですね…。

実際、今はそうなってますが ^^;

そんな心配もありますが、なんと言ってもコロナの心配が… (>_<)

今後日本はどうなっていくんでしょう…。

早く希望の持てる話題がほしいもんです。。

私たちは、生きる上でなくてはならない「水」というものを守る仕事をしています。

それを通じ、コロナ禍だろうが、どのような状況だろうが仕事を全うします。

皆がそれぞれ一生懸命生きる中、それぞれの分野で協力しあっていきましょう!

プラス、本年も楽しくいきましょー ^^